処分方法

不用なソファーの処分方法!手順・料金相場と注意点を丸ごと解説!

処分したいソファー

リラックスできる場所として欠かせないソファーですが、使い続けることで布が擦れたりクッション性が弱ったりすることもありますね。不用なソファーの処分で困っている方も少なくないでしょう。老朽化以外では引越し前や模様替え、買い替えで処分を考え始めることも多くなります。大型で重量があるソファーだけに、なかなか簡単には捨てにくいものなので頭を悩ませてしまうものです。

この記事で分かること!
  • あなたに合ったソファーの処分方法!
  • 処分方法のメリット・デメリット!
  • 処分前に知っておきたい注意点

この記事を読んでもらうと、ソファーの処分方法がわかります。手間や時間、料金、安心感などを比べた上であなたにぴったりの方法ですっきりとソファーを処分していきましょう。

ソファーの処分方法

やり方 方法

早速、ソファーの処分方法5つをご紹介します。

粗大ゴミ回収に出す

始めに、自治体の粗大ゴミ回収で出す方法から説明していきましょう。ポピュラーな方法であり、自治体で回収を受け付けているので安心感があります。

  1. 自治体に粗大ゴミ回収を申し込む
  2. 粗大ゴミ処理シールを自治体の指定場所で購入する
  3. シールを貼ったソファーを回収日に出す、または、直接ゴミ処理センターへ持ち込む

ソファーの大きさやタイプによっても費用は違って来ます。自治体であらかじめ確認しておくようにしてください。

ソファーの種類料金相場
一人掛けソファー400~800円
二人掛けソファー1,000~1,200円
ソファーベッド1,600~2,000円

粗大ゴミ回収を利用してソファーを出すメリットは、自治体の回収なので分かりやすいこと、費用が安く済むことです。

一方、デメリットは粗大ゴミ回収日まで待つ必要があること、粗大ゴミの回収場所までの持込に負担を伴うこと、粗大ゴミ処理シールを購入しておかなくてはならないことです。それぞれ理解した上で計画的に進めましょう。

買い替え時に引き取ってもらう

ソファーの買い替えを検討している時なら、引取サービスを行っている大型ホームセンターや家具専門店、ネット通販を利用すると手間がかかりません。

ナフコTWO-ONESTYLEでは、同種の家具を同数だけ無料で引き取ってもらえるのでお得な処分ができます。同じようにニトリでも引取サービスが提供されていますが、1点につき3,000円(税別)を支払うと手軽に引取が可能です。

料金 無料~3,000円程度

大手の家具専門店などに引取を依頼できるので、何といっても安心して利用できます。無料で引取してもらえると、よりメリットを感じるでしょう。ソファーの買い替えを計画している方なら、引取サービスの内容や条件にも注目してみましょう。

引取サービスは、条件が決められているためその中でソファーの購入を検討しなければならないのがデメリットです。引取だけを依頼することは、できません。

リサイクルショップに買取してもらう

中古のソファーの需要も結構あるため、状態が良いものであれば買取を検討するのもおすすめです。リサイクルショップへ重量のあるソファーを持ち込むのは厳しいと考える方もいらっしゃるでしょう。そんな時でも安心して利用できるのが、出張買取や宅配買取に対応しているリサイクルショップです。手間をかけずに少しでもお得に処分ができます。

料金 無料査定・買取成立すればお得

リサイクルショップなら、処分にお金をかけなくて済むばかりか利益がでるのが最大のメリットです。大型で重いソファーでも、買取方法が充実しているために負担なく利用できるようになりました。

一方、状態の良くないソファーだと買取してもらえないこともあるのはデメリットと言えます。また、リサイクルショップによって査定額には違いが出ることも少なくありません。納得できる買取を目指すには、一括査定サイトを活用すると便利です。

個人取引で売る・譲る

ネットを活用すれば、オークション・フリマアプリ・地域掲示板でソファーの個人取引ができます。リサイクルショップよりも高く売ることもできるので、魅力的だと言えるでしょう。

料金 出品の手数料・送料、地域掲示板なら送料の負担なし・利益が得られる

ネットの個人取引なら、自由に好みの価格を設定して出品できるのは何よりのメリットです。出品や発送に手慣れた人には、向いている処分方法だと言えるでしょう。地域掲示板のジモティーなら、直接対面して引渡しをするため発送の必要もありません。誰かに使ってほしいのであれば、「譲る」選択肢も選べます。

一方、デメリットはソファーが必ずしも売れるとは限らないことです。出品や取引のやり取り、発送などには注意を払う必要があるのが個人取引ですので慎重に行わなくてはなりません。

不用品回収業者に依頼する

何といっても手間をかけずにソファーを処分できる方法は、不用品回収業者への依頼です。粗大ゴミ回収が利用しづらい高齢者や女性の家庭やリサイクルショップで買取対象にならないソファーでも、即座に回収してもらえます。

料金相場 6,000~12,000円

ご覧のように業者の料金には、かなりの幅があります。ソファーの大きさや種類、地域によっても差が出て来るので、必ず見積もりを取るようにしましょう。

即日対応も可能な業者もあり希望の日に回収してもらえること、家からの搬出をしなくて済むので一切負担なく処分できることは、大きなメリットです。

反面、業者次第ではスタッフの対応や品質に差が生じてしまうことも少なくないのが、デメリットです。 ただ、このデメリットは減らすこともできます。業者のホームページや電話での応対などでしっかりと料金やサービスの詳細を確かめておくようにするのをおすすめします。

ソファーを捨てる際の注意点

ソファーを抱える男性

ソファーの処分方法をご紹介しましたが、実際に方法を決める時には以下の注意点にも目を通しておきましょう。

ソファーの搬出ができるか確かめて粗大ゴミに出す

粗大ゴミにソファーを出すのは、確かに安上がりになります。ただ、ソファーの搬出ができるかを確認しておきましょう。搬出の際に、階段があれば重量のあるソファーの搬出は想像以上に難しくケガの可能性もあるので注意が必要です。

買い取ってもらえないソファーの状態を把握しておく

中古のソファーに需要があると説明しましたが、買取対象になるのは以下の条件を満たしているものです。

  • ヘタリがなく座り心地の良いもの
  • 生地が破れていないもの
  • ブランドのソファー
  • テイストがはっきりしているソファー
  • 人気の生地の素材と色のソファー

条件に当てはまるものであれば、査定を受ける価値があると考えておきましょう。買い取ってもらえないソファーだと把握できれば、他の処分方法を検討してみると処分が早く進められます。

不用品回収業者のプランや料金を比較しておく

不用品回収業者には、いろいろなプランがあります。中でも、人気があるのは積み放題プランです。ソファーを単独で回収してもらうよりも、他の不用品とまとめて依頼すると料金を抑えられる可能性も高くなります。

また、料金設定が単品で算定されるのか、基本料金に含まれる内訳がどうなっているのか、追加料金が出るケースはどんなケースなのかなど気になる点は見積もりの際に聞いておきましょう。

ソファーを自力で解体・分別するのは困難

布・クッション材・木材・金属などでできているので、道具を使えばソファーの解体もできます。解体後に分別すれば、可燃ゴミや金属ゴミで処分しなくてはなりません。

ソファーの解体は、まずスペースがあるかどうかも考えましょう。そうとうな埃も出ることから、安心して解体できるスペースを見つける必要があります。また、ノコギリやニッパー、ハサミを使うにしても手間も時間もかかってしまうものです。その上、安全に作業できるとも言い切れないため結局、挑戦し始めたものの上手く解体・分別ができずに行き詰ってしまうことも考えられます。

まとめ

ソファーの処分を進められると、家の中のスペースをより有効活用できるようになりますね。ソファーの状態が良ければ買取も検討してみるのもおすすめです。手間や時間をかけずにスピーディーに処分をしたいなら、不用品回収業者なら即座に悩みを解決してくれます。悩みの種であるソファーの処分は、いろいろな選択肢の中から最適なものを選んでこの機会に進めてみませんか?